筋トレで猫背を治す

今回は、猫背を治す2種類の筋トレ方法をご紹介しましょう。

まずは、肩甲骨まわりを鍛える筋トレです。

1.畳か、硬めのマットレスの上にうつ伏せになる。おでこにはタオルを当てておく。
2.両腕を前方に伸ばし、万歳の体勢で10秒数える。
3.両腕を真横に伸ばし、10秒。
4.3の状態から両肘を軽くまげて、10秒。
※無理のない範囲で、数回繰り返すとよい。

肩甲骨を後ろに引く筋肉がつくので、胸が開き猫背が改善されます。

続いては、骨盤を整える筋トレです。猫背の原因を知ろう。でお話したとおり、骨盤のゆがみは猫背を引き起こします。また、猫背でいることが、さらに骨盤のゆがみを助長するとも言われており、骨盤の矯正はとても重要なのです。

1.足を肩幅に開いて立ち、つま先をできるだけ外側に向ける。
2.45秒かけて、ゆっくり腰を落とす。
3.15秒かけて、腰を元の位置に戻す。

4.肩幅より広く足を開いて立ち、つま先をできるだけ内側に向ける。
5.45秒かけて、ゆっくり腰を落とす。
6.15秒かけて、腰を元の位置に戻す。

7.足を肩幅に開いて立ち、つま先を内側に向ける。
8.15秒かけて、体を前に倒していく。
9.ゆっくりと体を元の位置に戻す。
※体は常にまっすぐに保つ。特に8では無理に深く前傾する必要はないので、腰を曲げたりお尻を突き出したりしないように気をつけて。
※1日1回でよい。7日間行ったら3日間休む。

猫背で、日頃から運動不足の人は体が固まっているかもしれません。筋トレの前に、ストレッチやマッサージで軽くほぐしておくことも大切です。体に過度な負担を掛けないよう注意しながら、筋トレを行いましょう。