ストレッチで猫背を治す

今回は、猫背を治すストレッチについてご紹介しましょう。

1.立って、頭の後ろで両手を組む。
2.その体勢で、2〜3分足踏みをする。
3.上体を横に傾けて足踏みをする。左右それぞれ2〜3分行う。

※余裕があれば、足踏みでなくジョギングしてもよい。

これは、背中全体をほぐすストレッチです。このコースを繰り返すことによって、自然と背中が伸びていきます。

1.両腕を後ろで組んで、胸を開く。
2.顔はやや上に向け、両腕を後ろ上方に引く。
3.3秒ほどキープしたら、力を抜いて休む。

胸が開き、肩甲骨が動いて背すじが伸びます。

一切道具のいらないストレッチですから、いつでも手軽に行うことが出来ますね。

一方、道具を使ったストレッチ法も人気が出ています。中でも最近話題となっているのが、ストレッチポールです。特殊な樹脂で作られた筒状のポールの上に寝て、数種類のストレッチを行います。気持ちよく体を伸ばすことができ、効果をすぐに実感できるというのが人気の秘密。体験者によると、ストレッチポールを使った運動の前と後で、自分の姿勢が変わったことが分かるのだそうです。

もとはアメリカで考案されたリハビリ器具ですから、無理なく体に働きかけてくれるのかもしれませんね。

ただし、やりすぎは禁物です。猫背のため筋肉の血流が悪くなっていると、体がストレッチの刺激についていけず、のちの痛みのもとになってしまいます。「気持ちいいから、もっと続けたい」と感じたところで、ストップするぐらいが丁度良いでしょう。