猫背の改善について

猫背を治す方法は、色々と提唱されていますよね。

手法としては、ストレッチ、筋力トレーニング、ヨガ、整体などがありますし、猫背を改善するグッズの種類も豊富です。背すじが伸びるバランスクッションや下着、正座イス、背中を伸ばす特殊な形状のストレッチマット・・・などなど。やや珍しいもので言えば、姿勢矯正アラームでしょうか。パソコンを操作している最中にモニターに近付きすぎると、警告音を発して姿勢の改善を促してくれるそうです。

当サイトでも幾つかご紹介していきますが、詳しい改善法の説明に入る前に、猫背についてもう一度おさらいを。猫背のもたらす弊害について、まとめておきたいと思います。

人間の体は、背すじが自然に伸びた状態で、最も円滑に骨格・筋肉の運動や代謝活動ができるようになっています。そのため猫背になってしまうと、当然ながら体の各部位に悪影響が出てしまいます。

例えば、猫背だと内臓が圧迫されます。肺が圧迫され深い呼吸が出来なくなることもありますし、圧迫により胃が小さくなって小食になるとも指摘されています。つまり、酸素や栄養が充分でない状態になり、必然的に体力不足を招いてしまうのです。

また、猫背の人は骨盤が下がり腰が引けていることが多いのですが、この状態では太ももや腕が上がりにくくなるそうです。さらには、猫背のため顎が前に出ていると、歯を食いしばる力も弱くなり、踏ん張りが効かなくなってしまうとか。

猫背を治すことができれば、これまで治らないと諦めていたその他の不調にも、効果があるかもしれませんね。