子供の猫背

最近は、子供の猫背も増えています。猫背が定着してしまい、大人のように腰痛を訴える子供も少なくないのだとか。

子供時代は体が急速に成長するため、その体を支える筋力の発達が追いつかない場合があります。増してや、子供の外遊びが減ってしまった現代ですから、運動不足によってその傾向に拍車が掛かることも。

もちろん、授業中に頬杖をつくなどの癖も猫背を誘発しますし、他の子に比べて高すぎる身長を気にし、うつむいて過ごすなど心理的な要因がからむこともあります。

しかし成育しきった大人と違い、成育途上にある子供の体はフレキシブルです。不安定でゆがみやすくもあるが、同時にゆがみの取れやすい状態なので、対処しだいでは短期間での改善も見込めます。

では、子供の猫背を治すためには、どうすればよいのでしょうか。

声を掛けてそのつど姿勢を改めさせる、適度に運動させる、背すじの伸びるバランスチェアを使わせる・・・。様々な方法がありますが、特に声掛けについてはポイントがあります。

よく言われるのが「背すじを伸ばしなさい」というフレーズですが、これだけ聞くと子供は胸を開き、ふんぞり返ってしまいがちです。これでは不自然で、体に負担が掛かりますよね。「頭のてっぺんに糸がついていて、その糸で体が吊られている様な感覚で」と教えるのが良いそうです。

ただ、ある程度を越えて体のゆがみが定着してしまっていると、いくら正しい姿勢のとり方を教えられても猫背は治りません。しっかりとした治療院などで、子供の体全体のバランスをチェックしてもらいながら改善していきましょう。