猫背の種類を知ろう

一口に猫背と言いますが、実は種類があります。種類が違えば、当然ながら原因や治す方法も異なってきますね。

猫背は大きく3種類に分けられます。

一つ目は「首猫背」。

「肩口猫背」とも言って、首の付け根が最も丸まっている猫背です。デスクワークの人や、高めの枕を愛用している人がなりやすく、頭部が肩より前に出てしまいます。また、上を向きにくくなるのも首猫背のサインです。

この種類の猫背は、必然的に頚椎がまっすぐに並ぶ「ストレートネック」を引き起こしてしまい、首の付け根のリンパや血の流れも悪くなるのだそうです。主に頭痛、肩こり、腰痛、めまい、手のしびれ、吐き気を引き起こします。

二つ目は、「背中猫背」。

背中のちょうど真ん中辺りが、最も丸まっている猫背です。よくあぐらをかく人、イスなどに長時間座っている人がなりやすい、と言われています。背が丸くなることで肺が圧迫されるため、深い呼吸がしづらく、また胃腸も弱りがちになります。この種類の猫背には、上向きで寝るのがつらいという特徴もあります。

三つ目は、「腰猫背」。

腰の辺りが最も丸まっている猫背です。よくあぐらをかく人、イスに足を組んで座る・浅く腰掛ける癖のある人がなりやすく、立った時、腰が反り過ぎた状態になるのが特徴です。腰が丸まってくると、バランスを保つために、体が自然と反り加減になることが原因だと言われています。

本来の腰のカーブが失われているので、クッションが効かず、ヘルニアや腰痛を引き起こします。